スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せを考える【投げ捨て】

最高

身を捧げているゲームに感謝を告げるプレイヤーの鏡。







最低

こっちは垢バン待ったなし。






前回の愚痴?更新からまるまる1ヵ月経ってしまいました。
RSの調子はというと、うん、全然サボってます。秘密も課金始めて2週間でとぎれとぎれになりました。



卒業

一人目


しかしそんな中、一応メインキャラという建前のシーフ君が秘密卒業しちゃいました。
今は正直レポクエや試練のダンジョン等色々なレベル上げ手段があるので、秘密卒業したからってどうってことないんですけどね。

しかし3転600になったのは確か去年の6月辺りでしたね。

















んで、今回の記事なのですがね、もう思ったことをそのまま書いちゃいましょうと。


よく道徳の授業とかで小さな親切だーとか、優しさのバトンだとかいう言葉や概念を教わりますよね。
無論僕もそれらの教えや教訓については同意してました。はい、過去形です。


要するに自分が他人に施した分だけ、自分に返ってくるものがるよって話。
自分がされた嬉しかったことを他の誰かにしてやれば、その幸せが返ってくるよって話。

僕は今までそう思って皆のため人のために気付いたことや自分にできることをやってきたつもりでした。
といっても、僕も鈍感というか忘れっぽいので、今までしてきたことのすべては把握できませんけど(寧ろできたらそれはそれでサイコパス)。


しかしですね、先程後輩に説教を食らってしまったのですよ。
詳しくは言えませんが、大ざっぱにいうと

「働ける能力のあるのに働かない人を黙認してるあんた(ら)が許せません」

とのこと。

たしかになー。
働けるのに働かない奴らを黙認してそのままにしておくのっていけないことだよなー。
なにより今回に限ったことじゃなかったしなー。
働かないやつらのせいで迷惑かかった人たちのことなんて気にもしてなかったよなー。
ほんとすみません、すみません。


しかしあれですよ、話の論点はここじゃありません。

僕がいままで頑張ってしてきたことって、少なくともその後輩くんには認識されてなかったわけですよ。

その後輩君は割と今回の件というかには危惧してたみたいで、皆の尻を叩くような呼びかけをしていたわけですが、
その説教の内容には、働いてくれた○○さんをひたすらあげるような文章と、
上に書きましたが、働けるのに働かない人たちを黙認してる僕含めた数人に対する軽蔑の文章が書かれていたわけです。


僕だって皆のために呼びかけたし、色々やったと思っていますが、
誉められるどころか軽蔑の対象になっている、報われない自分がその中にはいたのですよ。



そこで色々な相談を経て、僕は気付いてしまったんです。

この世に見えない努力や気遣いを見てくれている人はいなくて、ましてやその努力を認めて救いの手や賞賛を与えてくれる人なんているわけないんだって。
だって見えないもんは見えないんですから。

そして、僕が今までしてきた行動理念も、催し物を成功させたいっていう目標願望は勿論ないわけではありませんが、その傍らに自分がしてきた施しに対する報酬が欲しかったっていう願望があったゆえに成り立っていたものだったのです。
それに目を避けつつも、今回の件で無理矢理目の前に入ってきてしまいましてね。

結局僕も人間です。
誉められて得る快感も知ってますし、何かしら働いたらそれに対する報酬も欲しいです。

しかし、いくら見えないところで動いたって誰も見てはくれません。
全体を10だとして、見えないところで9つ分働いた人よりも、評価されるのは見えるところで1つ分働いた人なんですから。

人によってはこいつ他人の評価が欲しいだけのくそ野郎なんだって思うでしょう。
しかし、他人の評価を求めず全体に自分の努力を還元して、心から全体のために尽くそうとするなんて無理。
誰からも評価されず、見えないところで働き続けるなんてきついもん。


お前の幸せが全体の平穏のそれ自体であるならそれはそれでいいですよ。
でもそんなひと、天然記念物とか人間国宝とかそんなレベルでいませんよ。

大抵は心の奥底で求めているものがあるのです。





結局ですね、自分を救ってくれるのは神でも仏でも法でも社会でも親でも先生でも先輩でも友達でも恋人でもないんです。

自分自身なんですよ。


なんたって自分の欲望に向き合えるのは自分自身なんですから。

客観的にみて自分が施したことが全体のためになっても、施した本人が報われないって構図。
このなかで損してるのは、一番動いた、施しを与えた自分だけなんですよ。

一番全体のために動いた人が報われないなんて社会、僕は納得できません。
しかしそれが実際に起こることですし、僕に起こった事実です。


僕はいままで自分のためにならない自己犠牲してたと思うと、みじめになりました。
過去の自分が可哀想で仕方ありませんでした。
本当は報われたい自分がいたってことを、自分で一番知っていたはずなのに。

なのでこれから僕がすべきことってのは、
自分が動くことで自分が満足感を得られると大きく予想できた場合に動くこと、なんじゃないかと。


思えばもうどうしようもなくなって頭はち切れそうになった時に、全部投げちゃえばいいって話してくれた人もいましたね。








しかしまぁ、
やっぱり他人ディスってするもんじゃないなぁって思いました。

特に今回の場合、誰も得しないしね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いわ。


Author:いわ。

・無料MMORPG REDSTONE
 ブリッジヘッドサーバー
   にて活動中。。

・ヴァンガード
・お絵かき
・日々のあれこれ

   などなど。。



edit

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
愉快なブロガーの方々

空箱宝箱/蔦様
空箱宝箱 by蔦さん

the Drop Down Sirius/半井様
the Drop Down Sirius by半井さん

Jackさんの冒険モノガタリ/Jack様
【Jackさんの冒険モノガタリ】 byJackさん


Eventually... バナー
LinkFree!&相互リンク受付中(`・ω・´)!!
REDSTONE
REDSTONE!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。